<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ポンプを使って水換え

激しく怒ってから数日経ったけど、まだ元に戻っていないような気がする…。(--;)
久しぶりに感情を思いっ切り出したけど、余計な感情まで出てしまったし、
しばらくは少し不安定な感じがする。
ま、しばらくはしょうがないのかもしれないな。
無理に元に戻そうと思わないで、時間の経過とともに戻ればいいかな…。

今日はこのところ気になっていた、室内のメダカの入れ物を掃除した。
いつもなら全換水をするのだが、この頃朝晩と日中の気温差があるので
全換水をしてしまうと体調を崩す個体も出るかと思って
土はいじらずに、3分の2を換える予定を立てていた。
いつもなら小さいコップのようなもので、少しずつ水を換えていくのだが
この方法では、土付近に溜まっている汚れやフンが出せない。
それで今までは全換水をしていた。
で、今回は思い切ってこんなのを使ってみることに!

e0183459_21434881.jpg
これは水槽の換水用ポンプ。
こういうものがあると知ったのは、つい先日だ。
実は下の妹のダンナが、アクアライフの
1コーナーの記事を書いていて
11月号にこういうものを使うと
換水が楽にできる、と書いていたのだ。
アクアライフは今まで読んだことがなく、
(大昔に一度だけ読んだだけ)
以前から妹のダンナが記事と4コマ漫画を
書いていると知っていたのだが、
知ってから読んだのは初めてだった。
で、先日近くのデパートへ行ったときに
本屋で立ち読みしたのだった。
おお、こんなものがあったのかーーと思った♪
記事に紹介されていたポンプはうちでは大きすぎるので
別メーカーが出している、小さい方を買ってみた。
…全然記事に協力していないのだが。(笑)


でも、使い方が間違っていたらしく(下の妹に電話して発覚)、
すごく使いにくくて苦労した…。
妹の話を聞いたら、今度は楽に使えそうなんだけどね。(^^ゞ
ただ、キコキコと筒を凹ますのが大変。灯油の赤いのよりも堅くて
腱鞘炎になるかと思った。(>_<)

掃除している間、洗面器で待機中のメダカたち。
こんなに入っていたっけ!というくらい、いた。
e0183459_21505470.jpg


そしてきれいになった入れ物で泳ぐメダカたち。ちょっとしか写ってないけど…。
やっぱり気持ちよさそう♪
e0183459_2151581.jpg


本来このポンプは水槽で使うものなので、うちでの使い方はちょっと違うのだけど
全換水をしないですみそうなので、これからはこれをどんどん使おうと思う。
[PR]
by s_white_blue | 2009-10-29 21:55 | メダカ

久しぶりに激怒…。

ある人から電話がかかり、心ないことを言われ、我慢できなくて反撃した。
とても久しぶりに激怒した…。
怒るというのは体に良くないなぁ。
動悸がするし、気分がすっきりしないし、何だか落ち込むし。。
そんなことを考えていると、どちらが悪いのかもわからなくなってきた。
こういうときにはメダカを見なければ!
どうしてメダカを見ると、心が落ち着くのだろう。
メダカがいてくれて良かった。

先日、白メダカが入っている火鉢に放り込んでいた
ちょっと色の変わったメダカを玄関の睡蓮鉢へ移動した。
この子、白メダカから生まれたのか、ブルーメタリックから生まれたのか
どちらかわからなくなってしまったのだけど(汗)、
なんとなく、うっすらと青いような体色をしている。
現在2.5センチほど。大きくなったらどうなるかな。成長が楽しみだ。(^^)
e0183459_23154958.jpg

[PR]
by s_white_blue | 2009-10-26 23:17 | そのほかのこと

だるまさんに夢中

メダカに興味を持っていろいろと調べていくと
「ダルマ」という体型が存在することを知った。
突然変異(奇形)なのだが、初めてその姿を見たときは
本当にびっくりした!
だって、まるで金魚の琉金のようで、まんまるでおなかがぽっこりで…。
そういう体型だから、普通種よりも内臓が弱いとかで
大事に育てないといけないらしい。
私はダルマには全く興味がなくて、普通の体型が好きだった。
全然かわいいと思えなかった。
逆にあんな姿で生まれてしまって、かわいそうだと思っていた。

ところが真夏に生まれた稚魚の中で、ダルマ体型の子が数匹いて
他の稚魚とは泳ぎ方が違い、一生懸命な感じだけど何となくのろまそうで、
でもその泳ぐ姿に、だんだんと惹かれていった。
そして今ではだるまさんに夢中になっている。(笑)
少しピントがぼけているけど、ブルーメタリックのだるまさん。
この子はピッカピカのメタリックで、背骨の曲がりもなく、良い縮み具合なのだ♪
e0183459_14162943.jpg



うちで生まれただるまさんは、ブルーメタリックに数匹、みゆきに3匹(1匹は☆に)
そしてホワイトメタリックに数匹いる。
ダルマ体型になるには遺伝もあるけど、わざわざダルマにするために
温度管理をしてあの体型にする場合もある。
私の場合は温度管理などではなくて、勝手にダルマになってくれたので
それぞれの親にダルマの遺伝子が入っていたのだと思う。
ホテイアオイのそばにいるは、みゆきのだるまさん。
半ダルマもここで一緒に育てている。
ベビーピンクヒカリは、すくすくと育って常温で産卵するようになってきた…。
e0183459_1420881.jpg



だるまさんは、なかなか大きくならない。
☆になってしまったみゆきのだるまさんは、だいぶ育ってきたと喜んでいたら
突然☆になってしまった。。
画像に出ているみゆきだるまさんは、ようやく1.5センチ弱に成長…。
ほんの少し背中に光が出てきているので、これからが楽しみだ。(^^)
最後の画像、ベビーピンクヒカリの稚魚が誕生して5ミリほどになってきた!
育てるつもりはなかったのだが、あまりにも卵を産むのでもったいなくなり採卵。
これからはヒーターを入れないといけないだろうな。
e0183459_142834100.jpg

[PR]
by s_white_blue | 2009-10-24 14:30 | メダカ

楊貴妃ヒカリ

今日は昨日よりも体調がましだけど、気分的に下がり気味…。
ま、以前に比べれば減ったので、こんなのは久しぶりだと思うけど
下がるとすべてがしんどいなー。
そんな日でも、メダカの世話はかかせない!
今日は、3日間メチレンブルーに泳がせていたブルーメタリックを
広い容器に移し替えたり、里子に出すメダカの換水をしたり、
掃除しておいた睡蓮鉢に、冬越し対策で白透明燐を入れたり、
温度変化で弱っていた白メダカの稚魚を塩浴させたりした。
…書くとかなりメダカの世話をしているなぁ。

2日間メチレンブルーに泳がせていた、白系子供は昨日別容器に移動させた。
みんな元気になっていた。良かった。(^^)
e0183459_2253254.jpg


さて、タイトルの楊貴妃ヒカリのこと。
このメダカはかわいそうなことに、今まであまり注目されていなかった。(汗)
というのも、うちに来てから調子が悪い期間が長かったし
このメダカたちを入れている睡蓮鉢が、しゃがんで見にくい場所だったから。
(現在はちゃんと見れる場所へ移動)
けれど、じっくりと見てみると、とてもきれいな赤になっていた。
もしかすると、うちの楊貴妃は赤いほうではないかな。
緋メダカと区別できなほどに、色が薄いものもいるらしいけど、
うちのは和金と間違いそうになるくらいに赤いと思う。
e0183459_22111825.jpg


夕方に、じっくりと横からも見てみたくて、特に赤い個体を掬ってみた。
でも、残念なことに背骨が曲がってきていた。(涙)
上からはわからないけど…。
e0183459_22124975.jpg

e0183459_2213549.jpg

光メダカには多く出てしまう、どうしようもない背骨の曲がり…。
赤い個体なので、来年子供を育てようかと思ったけど
背骨の曲がりは遺伝してしまうので、やめておいたほうがいいかもしれない。(;_;)
楊貴妃系は、とても人なつっこいらしいが、うちのもとても懐いている。
昨日は無理やり掬ったので、さすがに下のほうへ沈んでしまっていたけど
今日はまた浮いてきて、エサを食べていた。
e0183459_22134567.jpg

こういう健気なところが、愛おしくなるんだよね。
大事に育てないといけないな。
[PR]
by s_white_blue | 2009-10-19 22:22 | メダカ

睡蓮鉢、リセット。  その2

玄関前の睡蓮鉢に、メダカを投入。
水が安定するまでもっと置いておくべきだろうけど、
なんだか待っていられずに入れてしまった。まあ、大丈夫だと思うけど。
ここにはベビーピンクヒカリメダカと同じくらい、大事にしているメダカを2種類。
軒下があって、雨水が入らない場所が、唯一玄関だけなので
大事なメダカを(と言うか、みんな大事ではあるけど)ここに置いている。
入っているのは白透明鱗、そして白みゆき。
どちらもオクで落札したので、通販店と比べものにならないほどお手頃価格だった。
e0183459_1427118.jpg


そして白系の稚魚を入れている入れ物を見ると、
急激な温度差に耐えられなかった個体が水カビ病になっていた。(>_<)
病気の個体を選ぶのは大変なので、そこに入っている全部を別容器に入れ替えて
メチレンブルーに泳がすことにした。
ああ、これからしばらく大変だ…。寒暖の差で体長を崩す個体が度々出そう…。
入れ物が狭かったので、撮影した後に大きい入れ物に入れ替えした。
e0183459_14342676.jpg


それから下の妹に電話して、病気が発生した入れ物の水は
使ってもいいのかやめたほうがいいのか聞くと、小さい入れ物ならリセットすれば?とのことで、
その入れ物をリセット。
…この前リセットしたところだったのにねぇ。(-_-)
妹にメダカの世話が忙しいと言うと、「充実してて、いいやんかー」と言われた。
確かにメダカが来てから、予想以上に忙しい。
でも、メダカのおかげで元気になれるし、子メダカはかわいくて仕方ない♪
何を考えているのかな、とか、何も考えていないのかな、とか思ったりする。(笑)
世話に忙しくても、メダカに出会えて良かったなーと思う。

その他のメダカたち。
気温が上がってお天気になると、水面に上がってきてぼんやりしている。
楊貴妃ヒカリたちの鉢の様子。
1匹小さいのはブルーメタリック、背骨が曲がっているのでここに入れた。
e0183459_14431421.jpg


白メダカのいる火鉢。水が濁ってきた…。
左の大きいのは親で、小さいのはその子供。
親は4センチくらいある。子供は2センチほどかな。
e0183459_14452365.jpg


増やしたから忙しいのであって、増やさなければ忙しくないのだ…。
でも子メダカは本当にかわいいから、忙しくてもいいのである。。
[PR]
by s_white_blue | 2009-10-17 14:30 | メダカ

睡蓮鉢、リセット。 その1

あっという間に日が経つので、ちゃんと覚えていないのだが
多分9月の終わり頃だったと思う。
玄関に置いてある睡蓮鉢の水質が悪化しているらしく、
メダカが時々☆になっていた。
見た目は水は透明でとてもきれいなので、体質に原因でもあって
☆になるのだろうと思っていた。
でも、1つ気になることがあって、この鉢の前にしゃがんでメダカを見ていると
たまにプーンと何か臭うことがあった。
その臭いはどこからなのかわからなかった。
そしてある日、調子の悪そうなメダカを発見。
別の入れ物に入れて塩浴させたら、次の日にはすっかり元気になった。
それからしばらくして、睡蓮の葉っぱを動かすと2匹死んでいた。
これは水質に原因があるのだと思い、そこに入っていたメダカを
あちこちの鉢に慌てて移動した。
そしてその鉢に入れていた睡蓮の植えてある植木鉢を動かすと、
すごい悪臭と、下には黒くなった赤玉土が!!!
水質悪化の原因は、睡蓮を植えていた植木鉢から溶け出した肥料だったのだ。
溶け出さないように植木鉢の奥の方へ、それもメダカに害のない
完熟固形の天然肥料だったのに…。
他の水生植物にも、同じように肥料を入れているけど、被害は出ていない。
植え方がまずかったのだろう。被害に遭ったメダカたちには悪いことをしてしまった。。

大きな睡蓮鉢をリセットするのは大変。
雨が降っている日に、玄関前から水を全部捨てておき、
気が向いたときに赤玉土を全部出した。
それから長い間放置していたのだが、ここに入っていたメダカを移動させた睡蓮鉢が
だんだんと汚れてきた。これは急がねば!
重い腰を上げ、悪臭が漂っていた睡蓮鉢をきれいにして水を張った。
水を張って3~4日経ち、少し早かったけど稚魚生けすを北側睡蓮鉢より移動させた。
北側に稚魚を置いていては、これからの季節は育たないだろう。
こちら側は南なので、大きくなってくれると思うけど…。
e0183459_1481158.jpg

[PR]
by s_white_blue | 2009-10-16 17:53 | メダカ

古い着物を出してみる。

台風で心配した疲れか、昨日の夜寒かったからか、朝から頭痛。。
お昼に風邪薬を飲んだら、ようやく夕方になって治った。
…何もできずに1日終わり。(-_-)
こんな日でもメダカの世話はかかさない。
冬に向けて、メダカを移動したり引っ越したりしている。
これは頭痛があってもできた。いや、頭痛があるからやると言うか…。


随分前、メダカのブログを検索したときに、
偶然たどり着いたMedalogさん(名前を出してごめんなさい!)、
着物がお好きで、今年は50回着るのを目標とされている。
素敵な目標だと思った。(^^)

実は私がこの数年、一番遠ざかっていることがある。
それは着物の整理だ。
祖母の着物は引っ越す前に整理した。
大昔の着物はなく、ウールのものや着ないだろうと思われるものは
買い取ってくれる店に電話して、買い取ってもらった。
けれど、ああいう店は大量に出しても叩かれる。
たった¥3000だった。今でも忘れられない。二度と出さないでおこうと思った。
質の良いものはちゃんと残してあるので、まあ、いいのだけど…。
整理していないのは母の着物。若いときに作ったものまであるので大量にある。
着物を着る機会があったときは、身幅を出してもらって数枚は着てみたが
着ていないもののほうが、断然多い。
どれも身幅を出さないといけないし、今は着る機会がないので
押し入れの奥深くに、桐の箱に入れて押し込んである。

Medalogさんのブログにおじゃまするようになって、
一番遠ざかっていた着物のことが気になりだした。
5年は箱から出していないし、整理するには覚悟しなくてはいけない。
捨てるつもりはまったくなく、どうしても着れないもの(シミや汚れ)は
リメイク用としてオークションに出そうかと思っているが
母の形見でもあるので、軽い気持ちで整理は出来ない。
なので、いつまで経っても整理が出来ないのだ…。(-_-)
と、前置きが長くなったが、先日ちょっとだけ着物を出してみた。

単衣のド派手な着物は、赤、青、白のトリコロール!
これって銘仙なのかなー?絹みたい。
このド派手な着物、案外良いかもしれない♪
e0183459_21324318.jpg

e0183459_2134335.jpg


そしてもう1つ、ちょっとだけ派手なのが出てきた。
黒地にショッキングピンクのおもしろい柄。
これも結構好きな感じ。大正ロマン風でないかな〜と。(^^)
しつけ糸がついたままなので、着ていないのかもしれない。
e0183459_2136036.jpg


そしてこれはリメイク用かなと…。
真っ白でなく、ちょっとグリーンがかった白地にお花。これは私には似合わないなぁー。
かなりのシミと汚れがある。2枚目の赤で囲った矢印の所が特にひどい(袖口)。
しつけ糸があるので、全然着ていないみたいだけど。
e0183459_21372557.jpg

e0183459_21373974.jpg


そしてこれは洗い張りしてあった。祖母の部屋の押し入れに入っていた。
e0183459_2139958.jpg


中を開けると、紺地に細かい絣みたいな柄。
e0183459_2140525.jpg

e0183459_21402069.jpg


巻いてあった紙にははんこが押してあって、検索したけど出てこなかった。
もうお商売を辞めたみたい。
この洗い張りの生地は絹みたいだけど、ブラウスかワンピースにでも作り替えてみるつもり。
他にあと2つ、洗い張りのものがあった。

短大生の頃、機織りを2年間だけ勉強したので、どちらかというと着物は好きだ。
卒論の代わりに着尺を織ったのだが、展示が終わってすぐに着物に仕立てた。
母の実家は昔呉服店をしていたので、母の実家に送ればすぐに着物になるのだ。(笑)
呉服店から洋品店に変わって、何十年と経つと思うけど、はっきりと知らない。
父方祖父母、母方祖父母、そして母と、みんな亡くなってしまったので、着物のことを聞く人がいない。
もっといろいろと聞いておけば良かったと、今頃思う。

着物の整理は、おそらくまた当分することはないだろう。
宝の持ち腐れというか、罰当たりというか、親不孝というか、ダメダメな私。
でもいつかは、押し込んである着物を確認しなければいけない…。
[PR]
by s_white_blue | 2009-10-10 21:14 | 日々のこと