カテゴリ:ガーデニング( 14 )

クリスマスローズたち

またもメダカのことで落ち込むことがあったので(TT)、今日は気分を変えて、ガーデニングのことを。
今住んでいる家は、昔の言い方で文化住宅、今風の言い方ではテラスハウスという家。
で、小さい庭があるのだが、北側で日当たりは1日数時間しかなく、
環境が悪いので、北側でも育つ植物を植えている。
今咲いているのはクリスマスローズ。
うちのクリスマスローズは、古いものは20年程前からある。
母から受け継いだものと、いただきものと、私が買ったものがあるのだが、
珍しいものはない。
クリスマスローズがますます品種改良されて、こんなに人気が続くとは思わなかったな〜。
まず8年前に買ったもの。
e0183459_21341592.jpg


母から受け継いだ古株2つ。
e0183459_21344324.jpg
e0183459_21345255.jpg


いただいたもの。
e0183459_2135550.jpg


ネットで知り合った友達からいただいたもの。
これは有名な方が交配させて作ったらしい…。
e0183459_21351612.jpg


あと2つあるのだが、寝そべっても撮れない感じなので撮らなかった。
つい株分けや植え替えを忘れてしまって、どんどん花数を減らしてしまうし、
大きくなると場所を取るので、興味を持たないようにしている。(笑)
次回はもう少しお世話をしなくては!
[PR]
by s_white_blue | 2010-03-04 21:41 | ガーデニング

バラの植え替え

久しぶりにガーデニングのこと。
今日はバラの植え替え備忘録…。
気になっていながらできていなかった、バラの植え替えをした。
本当はもう少し早くしないといけないのに、ずっと寒いので重い腰が余計に上がらず、
こんな時期になってしまった。
今日植え替えできたのは5つ。まだ5つほど残っている。(--;)
e0183459_21414790.jpg

記録画像なので全然おもしろくないけど…。
左上 ロサ・ブルノニー 
右上 挿し木から大きくなったピンクの野バラ
下 アルバ・セミプレナ

e0183459_2146592.jpg

フランシス・E・レスターの実生を3年前に蒔いたもの2つ。
このバラは7年前にイギリスへ行ったときに、イギリス人の友達が連れて行ってくれたバラ園で見て、
その時はあまり印象の残らなかったのに、こっちへ帰ってきたらどうしても忘れられず、
M田ばら園さんで通販して手に入れた。
今年は実生から咲いてくれるかな〜?
去年つぼみが付いたのに、ゾウムシにやられてしまって見れなかった。(TT)

e0183459_2152535.jpg

こちらはロサ・エグランテリアの実生2つ。
うまく育たなかったので、鉢を空けるために抜いたのだが、それに青いヒップがついていて、
なんとそれから翌年芽が出ていた!
それを拾って植えたもので、3年〜4年経っているかも。
短く剪定しすぎたかもしれない。今年はつぼみが付くかなぁ?
鉢にはハコベを抜かずに置いている。インコ用に。
左は植え替えしていないので、今度しないと!

バラは学生の頃から数年育てていたが、うまく育てられないので辞めていた。
それが数年後、イングリッシュローズが手に入るようになり、またバラを育て始めた。
それからオールドローズのほうが好きになり、だんだんとシンプルなバラが好みになって
現在はほとんど一重のバラばかり、それも原種が大のお気に入り。(^^)
去年メダカにはまってしまってからは、バラのお世話もさぼりがちになって、
かわいそうなことに、この冬2つのバラを枯らしてしまった。(汗)
バラに目を向けると、とたんにまたバラに夢中になりそう。(^^;)
去年2つ増やしてしまったし、ま、今年は程々にしましょう。
[PR]
by s_white_blue | 2010-02-14 22:07 | ガーデニング

寄せ植え

暖かい日が続いていたので、今日の寒さは堪えたなぁ…。(-_-)
病気のメダカたちは、薬浴&ヒーターのおかげで随分回復して
1匹を除く他の個体は水槽に戻せそうだ。良かった、良かった。

先日買ったブラックパンジーの寄せ植えが完成した。
合わせた苗は、見元ビオラ(アッソラート)、イベリス(白)、
それから初めて買ったミカニアデンタータ(紫系葉っぱ)。
それと数年前に放り出されて、裏庭で細々と生きていたワイヤープランツも植えておいた。
そして半額以下で処分となっていた、プシュキニア・リバノチカも入れておいた。
なんだか普通になってしまったけど、予算の都合上、これで精一杯かな。
それぞれが大きくなることを仮定して植えたので、現在はスカスカしているけど
春になったら土が見えなくなると思う。
e0183459_211287.jpg


植木鉢は11年前に購入したもので、分厚いのでとっても重い。
当時で4000円もしたので、かなり思い切ったけれど、長持ちするし飽きがこないから
買っておいて良かったと思った。
見元ビオラは高価なのでどうしようかと迷ったけれど、形と色がすごくかわいいので
迷ったあげく、結局買ってしまった。
いつも100円以下のビオラしか選んだことがない。こんなに高いビオラを買ったのは初めてだ。
e0183459_225107.jpg


この数年、単品植え(と言っていいのか)ばかりしていたので、
久しぶりに寄せ植えをしたら楽しかった。(^^)
あとはチューリップ(ガボタ)を早く植えなければ。
[PR]
by s_white_blue | 2009-11-28 22:20 | ガーデニング

Black Pansy

e0183459_17223812.jpg

(サイトの日記を読んだ人は内容が同じだけど…。)
昨日数年ぶりにパンジーの苗を買った。
このところビオラばかりだったのだが、真っ黒のパンジーが売っていたので
懐かしくなって買った。
咲き進んで、少し紫色になってしまったけど、ちょうど良い頃は真っ黒に見える。

e0183459_17221185.jpg
ブラックパンジーを初めて見たのは、
1993年に発行されたこの本だった。
(すでにこの本は廃刊になっているかも…。)
今では普通になっている、『寄せ植え』を
紹介した人ではないかと思う。
球根類と花と葉っぱものを1つの鉢に植えるなんて
なんて斬新なんだろうと思ったものだ。

ブラックパンジーの寄せ植えのページは、
特に見入ってしまった。
色の合わせ方はもちろん素敵だし、
黒いパンジーがあるということに驚いた。
イギリスのおみやげで、黒の花の種を
4種類もらったと書いてあって、
その当時、私はまだイギリスへ行っていなかったので、
イギリスへの憧れがますます強くなっていた。
e0183459_17255843.jpg


ところがこの後すぐに、ブラックパンジーの種を手に入れることができた。
父母の知人の息子さんが、イギリスへ出張することになり、
ダメ元でこのことを話すと、ブラックパンジーの種を探して買ってきてくれたのだ。
すごくうれしかったな~~~。(^^)
その後、私もイギリスへ行くことができて、ブラックパンジーの種を何度か買って帰ってきたけれど、
初めて手にしたパンジーの種は見つけることができなかった。
ブラックパンジーにも種類があって、真っ黒のものからやや濃い紫色など色の幅がある。
久しぶりに買ったブラックパンジーは、15年前に種から育てたパンジーのように真っ黒だ。
これをビオラと他にも一緒に植えたいので、何を合わせようかと考えるのが楽しい。
うまく寄せ植えできたら、ここに載せようかな。
[PR]
by s_white_blue | 2009-11-17 17:36 | ガーデニング