卵からの飼育 その3 ブチ と銅虎

現在室内水槽はリビングの出窓に2つ、自室に1つの計3つあるのですが
出窓の1つが安定しなくて、水カビ病が発生して薬浴し、治ったので水槽へ戻すと
また水カビ病になって薬浴…を繰り返していてダウン寸前ですーー。(TT)
早く安定してくれないかなぁ。

黒ロウバイはこんなにきれいな色になってきました。
この色になると散っていきます。
e0183459_21375362.jpg


さて、気を取り直して書きましょう。
9月に書いていた「卵から飼育」シリーズの復活です。(^^;)
今回はブチメダカです。
「赤虎」というのに惹かれてオークションで落札して、落札した後すぐに梅雨入りして
産卵が止まってしまったので、待ってもらえないかとのことだったので、
急いでいないし、待つことにしました。6月中旬頃のことです。
で、出品者の方がお待たせして申し訳なかったので、卵の量を増量しておいたと連絡があって
家に届いたのは6月下旬でした。
落札したのは60個分、届いてから数えてみると90個ほど入っていました。
ほとんど☆になることなく、すくすくと育って70匹ほど成長。(笑)
でも、ブチのない個体も多かったので、ブチなしの子たちは里子に出して残したのは40匹弱です。

…オークション画像では赤くてブチがあったのですが、今日の様子はこんなのです。(--;)
現在2.5〜3センチに成長しているので、色はこのままのような気がします。(汗)
e0183459_21372832.jpg

白い個体も生まれてきました。
保護色機能でブチはほとんど消えています…。
e0183459_21401577.jpg

緋メダカのブチといった感じがしますが、私は緋メダカを飼育したことがないので
もしかすると若干違うかもしれませんね。。
期待していた色とは全然違って残念ではありますが、この卵を出品されていた方から
ちょっとしたことを教えてもらいました。
来年、試してみようと思っているのですが、それがうまくいったらブログに発表します〜。


さてさてもう1つ。
先日ちょこっと出た銅虎を、今日じっくりと撮影しました。
この子たちは7月下旬に迎えていましたが、採卵を始めたのは8月中旬頃からです。
現在3センチです。
まずは黒い容器で撮影。
おお、↑のブチよりもブチが濃いですね!
e0183459_21463724.jpg

そして白い容器で撮影。
う〜ん、渋いオレンジ色です。私は橙(だいだい)色と表現したい〜♪
画像ではお伝えできない色かもしれません。。
さすがに白い容器だとブチが薄くなりますね。
e0183459_2152179.jpg

横見も撮ってみました。
e0183459_225335.jpg

ふぅ〜、良いですねぇ〜♪
e0183459_21543986.jpg

銅虎は楊貴妃ではなく赤みの強い琥珀が元になっているらしいです。
なので、楊貴妃の朱でなくて、渋いオレンジ色なので、余計に渋いです。(^^)
子メダカは1センチ〜2.5センチ弱ほどに成長していますが、ブチは結構出ているようです。
まだ外で飼育していますが、そろそろチビさんは室内へ移動しないといけないかな。
撮影して数えてみたら、70匹ほどいました。
里子に20匹ほど出したので、90匹以上は誕生していたようです。(^^;)
e0183459_2159392.jpg

[PR]
by s_white_blue | 2010-11-13 22:08 | メダカ
<< 近くのお寺の紅葉 久しぶりの更新…。 >>