琥珀ヒカリ×白透明鱗のF1

この頃眠たくてしょうがないのですが、耐えています…。
季節の変わり目だからでしょうか。(--;)


琥珀ヒカリ×白透明鱗のF1が大きくなったので、初めて撮影してみました。
第4弾くらいまで採卵したのですが、全部で約300匹ほどは育ったと思います。
誕生した割合は大雑把にこんな感じです。
・琥珀 40%
・琥珀ヒカリ 30%
・琥珀透明鱗 20%
・琥珀ヒカリ透明鱗 20%

F1なので、いろんなタイプが誕生してきて、とてもおもしろかったのですが
琥珀がすごく多くて、かなり里子に出しましたが、まだ結構います…。

きれいだなと思った個体を撮影しました。
セルフィンもどきの琥珀ヒカリ。まるで黄金…。
ずっと観察してきましたが、ヒレが裂けているのではなくてこんなタイプみたいです。
e0183459_2003853.jpg


透明鱗ではないのですが、上見がとてもきれいな個体。
e0183459_2014117.jpg


普通種とヒカリ
e0183459_2042141.jpg


ヒカリ
e0183459_2045634.jpg


別のヒカリ。この個体はヒレが更紗になっていて、すごくきれいです!
e0183459_2081255.jpg


透明鱗になっている個体は少なく、さらに両頬が透けているのはもっと少ないです。(--;)
でも、少なくてもF1でこんなきれいなメダカが誕生してくれたので、かなり満足しています♪
家の琥珀系は黄金に近いのか、赤みが全然出ていません。
今後変化するのでしょうか〜。

まだ確認していない小さめの子がこんなにいます。(^^;)
e0183459_20135853.jpg

ざっと見たところ、この容器は琥珀がとても多いので、上の画像のようなきれいな個体はいないかも…。
琥珀透明鱗はすでに完成されていますが、自分で作出してみて、
ますますメダカのおもしろさにはまりました。(^^)
来年は透明鱗同士で繁殖させたいと思っています。
[PR]
by s_white_blue | 2010-10-21 20:22 | メダカ
<< 久しぶりの更新…。 青メタルのNさん >>