薄オレンジ非透明鱗の稚魚 その1

この数日、とても暑くなりました。
メダカたちの世話で、毎日あっという間に時間が経っていきます。
採卵や稚魚の世話、移動や交配の組み合わせ変更などで、あまりにも忙しくて
このところ少々疲れ気味です。
明日から梅雨入りとなるようだし、次の仕事に入る前でもあり、
やっておきたかったことを頑張って終わらせました…。

青かったこじきイチゴの実が、暑さで急にオレンジ色になりました。
風船のようにぷっくりふくらんだ頃が食べ頃です。
ヒヨドリに食べられる前に試食。(笑)
ほのかに甘いですが、薄っぺらい実なのでおいしいとは言えないかな…。
e0183459_214074.jpg

今季は数種類(10は行っていないと思うけど)の採卵をしました。
次々と孵化してくるので、小さい容器に入れて飼育していますが
容器のよって水質が悪かったり、餌が足りなかったりで、うまく育たない種類が出ています。
そこで、去年これのSサイズを使ったのですが、これだとすごくよく育ちます。
今年はLサイズを購入しました。
e0183459_21443125.jpg

睡蓮鉢の縁に引っかけて、孵化した稚魚をどんどん投入。
1センチ強に育った稚魚は、別容器へ移動しています。
この稚魚いけす(こう呼んでいます)は、少し遠くのHCにしか置いてなくて
買いに行くのがなかなかで…。
ネットで調べてみると、値段が様々でびっくりしました。遠くのHCは安いほうでした。(^^)
でもこれも場所をとるので、たくさんは取り付けられませんね〜。せいぜい2個かなぁ。
e0183459_2148936.jpg

現在家で一番育っているのは、フッシーさんからいただいたオレンジ非透明鱗です。
薄い色の個体ばかりを送っていただいたので、これからは薄オレンジ非透明鱗と呼ぼうと思っています。
一番大きいので1センチ強くらい、小さいのは針子です。
どのくらい育てればいいのかわからないのですが、とりあえずこの画像の分でいこうと思います。
ざっと数えると50匹弱でした。
e0183459_2152992.jpg

横見を撮ろうかと思いましたが、あまりにも小さくてピントが合いそうにないのでやめました。
透明鱗になっている子がいるといいなぁ〜。(^^)
そしてこの頃、卵がたくさんあって採卵するのが面倒で、
ひしゃくに入れたまま孵化させてしまってます。(笑)
ちなみにこれは久保楊貴妃です。朱強になるといいのですが、どうでしょうね〜。
かなりの数を採りましたが、現在も採り続けています。
e0183459_21554014.jpg

[PR]
by s_white_blue | 2010-06-12 21:59 | メダカ
<< 白幹之のチビだるま 庭の様子 >>