大事にしすぎ…。

どうやら私は白系のメダカが好きらしい。
…メダカに限らず、生き物は白が好きみたいで
特に白と黒の2色の生き物は、本当に大好きなのだ。(^^)
でもこれはいつからなのかはわからない。
自分で責任を持って、生き物を飼うことになってからかもしれないけど。

メダカの話に戻るけど、7月の終わりに「こ、これは!」というメダカに出会った。
そのメダカの品種名は作出した店によって違うのだが、
一般的には白メタリックとか白メタルとかで呼ばれている。
そのメダカがこの子。

e0183459_222146.jpg

ピントが少し合っていないけど、この光具合がとってもきれいなメダカ。
別の日に横からも撮ってみた。
e0183459_22134229.jpg

横から見ると、これまたすごくかわいい!!(^^)
雄は尾ヒレに黄色い筋が入っている。赤っぽい筋が入っている子もいた。

この子たちはオクで格安で手に入れた。
育てていた人は、みゆきメダカよりも良いとメールに書いてあったけど
確かにそうかもしれない。
おまけしてくれて、なんと14匹も送ってくれた。
ところがこの子たちはかわいそうに、プラスチックの大きなタライに住んでいる。(汗)
写真では真ん中しか撮っていないので、どんなきれいなところに住んでいるのだろうと
思われるかもしれないけど、かわいそうにタライなのだ…。
このメダカも増やさねばと思って、せっせと採卵して孵化を待った。

部屋の窓辺で大事に見守り、孵化したら小さなプラケに入れた。
ほんの少しだけプラケには赤玉土を敷いて。
普通は何も入れないで育てるのだけど、水質の悪化が怖くて赤玉土を敷いた。
どんどん生まれるので、次々にプラケへ移動させたのだけど
いつの間にかどんどん減ってきた。
…過保護にしすぎたらしい。。
大事に大事に育てていたのが悪かった。
あちこちで書かれているとおりに、外でほったらかしのほうが育つのだと思う。
そしてしばらくしてから、プラケではなくプラスチックの洗い桶に移動させた。
やっぱり外で程良くお日さまに当たるほうが、稚魚の成長が良いし、☆にならない。

親メダカもタライには住んでいるけれど(汗)、大事に見守っていた。
ところがこちらもだんだんと数が減ってきた。いつの間にかいなくなっている!
なぜかわからなかったけど、ある時飛び跳ねたらしく、
地面で死んでいるのを見つけた。(涙)
タライの形が悪いのかもしれないが、どこにも引っ越しできなくて
結局今でもタライ住まい。
14匹もいたのに、今は半分の7匹になってしまった…。
稚魚はどのくらいいるのだろう。
楊貴妃ヒカリと一緒に入れているのでわからない。
そのうち楊貴妃が淡いオレンジ色になってくるので、その頃にわかるかな。
ああ、メダカにますますはまってきた。
ここまできたら、もうとことん追求するしかない。(笑)
[PR]
by s_white_blue | 2009-08-20 21:51 | メダカ
<< メダカのいろいろ その3 今日もリセット >>